資料請求・見積り依頼

お問い合わせ

ページトップ

ゼロソーラーナビ 閉じる

お役立ち通信News

太陽光発電は使えない?ガスが使えるは嘘!?災害・停電時に優れているポイント

2021.06.23

「太陽光発電は災害時に不安!」こんなお声をお客様にいただき、導入を勧められない施工業者の方必見です。実は災害時こそ、太陽光発電、オール電化の方がメリットが多いです。ガス機器は停電時に使用できないこともあるので、それらについてご紹介いたします。 

停電時の備え、オール電化は危険!?

よくオール電化にしてしまうと、停電時などは大変!などと聞きますが、本当にそうなのでしょうか。 

実は停電時もオール電化の方が良い場合もあり、電気がないと動かないガス機器もあります。 

むしろ太陽光発電設備も導入したオール電化住宅の方が、停電時に強いこともあります。 

停電時の太陽光発電のメリットについてご紹介いたします。 

停電でも太陽光発電は使える! 

まず停電しても、太陽光発電を行なっているため、電気を使うことができます。テレビ、ラジオ、スマホの充電なども可能です。 

これだけできれば、災害・停電時に情報を得ることが容易になるため、比較的安心して過ごすことができます。 

*使用量は制限がかかる場合があります。1500Wまでや、天候が不安定な時には発電量の低下に伴い、電気を使うことができない日もあります。 

自立運転用コンセントに切り替える必要あり

停電時には、一旦全ての電気が止まってしまいます。そこで自家発電を使えるようにするためには、パワコンの非常電源モードに切り替え、自立運転用コンセントを使用する必要があります。 

つまり、住宅の屋内電気配線に電気が供給されるわけではなく、専用のコンセントから電気が使えるようになるということです。停電していない時のように快適に全ての電化製品が使えるわけではないということは注意が必要です。 

停電時にガス給湯器は使えない 

停電した時に、ガスは使える!と思っている方もいますが、実はガス給湯器などは使えません。古いタイプのもので電気を消費しないものは使用可能ですが、新しいほとんどの家庭のガス給湯器は使えなくなります。 

オール電化であれば、エコキュートなどで沸かしたタンクのお湯をそのまま使うことができます。ガスコンロは使えませんが、カセットコンロで代用すれば良いです。 

また、ガスコンロを使用する場合、ガス漏れ警報機や換気扇も停止します。地震による停電時など、ガス漏れに気づかない場合もあるので換気に気をつけましょう。 

こういったリスクも考えると、オール電化の方が安心ではないでしょうか。 

災害・停電時の備えとして太陽光発電をゼロソーラーナビはオススメします!

災害時にガス漏れの心配がなく、停電時にも電気の供給が可能になる太陽光発電は非常にメリットが大きいです。 

しかし、いつ来るかわからない災害のために200-300万円のコストをかけて太陽光発電を設置することは、なかなか難しいではないでしょうか? 

そこでゼロソーラーナビは、0円で設置できる太陽光発電をオススメしています。施工業者様もこれらのメリットをお客様に伝えることで、導入実績が増えてきています。ぜひお気軽にご相談お問い合わせください! 

ゼロソーラーナビについて詳しくはこちら>>

お問い合わせContact

製品やお取引について、資料請求など
お電話、または
メールフォームよりお気軽にお問い合わせください。